読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたりさわりなし

お暇な時にでも読んで頂ければ。

「優しい男」のはなし

「印象」というものは人とのコミュニケーションの上で非常に大事な部分であることは周知の事実であります。

 

今日はそんな「印象」のおはなし。全然「あたりさわり」のあるおはなしです。

 

自分は先日誕生日を迎え、28歳になってしまいました。アラサーですよ。アラウンドサーティーですよ。

 

そして私は28年間、生まれてこの方、女性とお付き合いしたことがございません。

最近では『絶食系男子』なる言葉がありますが、

 

自分は「別に女の子と付き合いたいなんて考えてない」なんて思ってません!付き合いたい!!イチャつきたい!!!

 

「別に付き合いたくないや」って思ってるやつらは「絶食」じゃねぇだろ。それ「断食」だろ。

 

こっちはエサを取りたくても取れず飢えに苦しんでるんだ。どう考えたってこっちのほうが絶食系男子だろ!!!!

 

・・・取り乱しました。

 


そんなわたくし、最近は本気で将来のことを考えるようになりまして、この非モテを脱却するべく自分の欠点を直していかなければならないなと思ってるわけです。

 

そこで、ひとつ気付いたことがあります。


皆さんは周りの人に「優しい」と言われたことはありますか?


僕はあります。めっちゃあります!!

 

そして、コレがいけないんです!!!

 

仕事場で上司が「○○君はやさしいよな~」

 

知り合いがお酒の席で「○○からはやさしさがにじみ出てる」

 

この前なんか美容院でカットされてるときに「○○さんはやさしい人だから付き合える女性は幸せでしょうね~」と言われました。

 


最悪です。

 


人には一言で表せられるような特徴はひとつぐらいあるはずです。

 


仕事一筋の男性には「頼りがいがある」や「責任感がある」

 

チャラチャラした男は「面白い人」や「一緒にいて楽しい人」

 

逆にマイナスイメージがついてる人も言い方ひとつで好印象に

 

根暗な人には「クール」と言い、

 

ただのヤンキーでさえも「強い」「守ってくれそう」と変換できます。


しかし「優しい」に関してはそれだけ。他に何もないのです!!


例えば独身女性が僕の友達に「いいひと紹介してよ」と言ってきたとします。


特徴のある人を紹介する時には「こいつ頭いいから気に入ると思うよ」とか

 

「腕っぷしが強いから付き合ったら守ってくれるはず」などを独身女性にプレゼンできます。

 

しかし、独身女性が「どんな人?」と聞いて「優しいやつだよ」と僕のことを紹介したとしたら

 

「・・・それだけ?」ってなりますよ。

 

「知人の紹介がふんわりしすぎてるな。ふんわり名人かよ。」ってなりますよ!

 

「他の人紹介してよ」って言った後、ふんわり名人を買って帰りますよ。そうに決まってる!

 

僕の元にはそのふんわり名人を食べてる女性が来ないわけです。もうふんわり名人が怖いです。

 

 


いかがでしたでしょうか?


自分がコレに気付いたときには絶望しました。


確かに自分のセールスポイントが「優しい」だけっていうのは危機的状況だなと感じました。


だって、普通優しくするでしょ?付き合った女性に対して。


オラオラ系じゃないなら誰だって優しくすると思います。普通の男なら。


それにプラスした特長を身につけなければ、特別な存在になってくれる女性が現れるのは難しいと自分的には思います。


己の闇をぶつけてしまいましたが、とにかく皆さん、ふんわり名人をよろしくお願いします。